FC2ブログ

共育フェスティバルのお知らせ

 10月28日に大学の共育フェスティバルで、きんこんの会のメンバーの詩や絵画、歌などを中心とした展示を行います。当事者のトークショーも予定しております。どうぞ、おいでください。
kyofes2
kyofes1

第8回介助つきコミュニケーション情報交換会のお知らせ

第8回 介助つきコミュニケーション情報交換会開催のお知らせ

 恒例になりました《介助つきコミュニケーション情報交換会》を下記のとおり開催いたします。毎回、参加されている方はもちろん、初めての方もお気軽にご参加ください。

日   時  2018年10月6日(土) 13:00~16:00
場   所  二松学舎大学 1号館13階 ラウンジ
        (地下鉄半蔵門線・東西線・都営新宿線九段下駅下車)
内   容  ・介助つきコミュニケーションの紹介や体験
        ・介助つきコミュニケーションを実施している方同士の情報交換
        ・当事者同士の意見交換
                             他

お申し込み  参加を希望される方は、下記のメールアドレスにお名前・ご住所・ご所属を添えてお申し込みください。なお、参加者の概数を把握するために9/29までにお申込みいただければ幸いです。
会費は無料です。
問い合わせ先  johokokankai@gmail.com   
介助つきコミュニケーション情報交換会・実行委員会 (三好・改田・赤崎・栗山)

2018年9月29日 きんこんの会のお知らせ

 次回のきんこんの会は、2018年9月29日に下記の通り開催いたします。

日時 2018年9月29日土曜日 午後2時から5時まで
場所 國學院大學横浜たまプラーザキャンパス410教室

 きんこんの会はコミュニケーションに困難をかかえる当事者が、自由に語り合う場です。2010年に誕生し、活動を続けています。
 なお、当事者の意思伝達の方法は介助つきコミュニケーションによっていますが、話し合いをより円滑に進めるためには、最速の方法による必要があります。初めてご覧になる方にはわかりにくいかもしれませんので、もしこの方法に関心をお持ちの方は、きんこんの会当日の空き時間や別の日程でご相談に応じたいと思いますので、ご一報ください。連絡先は、
kinkon@hope.zaq.jp 
です。どうぞよろしくお願いいたします。
 なお、基本的に、当事者の語り合いの会なので、いわゆる「見学」はご遠慮いただいていますが、当事者と関わる上で、試行錯誤を重ねていらっしゃる方々は、どうぞ、おこしください。

津久井やまゆり園の事件について 2018年8月7日

 毎日新聞の神奈川版で取り上げられらた津久井やまゆり園での指筆談のことをめぐって、大学によくおいでになる小古間さんの意見を聞いた。

 〖やまゆり園のこと、これから〗________
 私達の言葉の取り組みの成果とも云える出来事がありました。
それは、津久井やまゆり園でも筆談という方法について検討が始まったということです。
2年の間、私達はやまゆり園の事件について考え続けてきました。きんこんの会では、やまゆり園の当事者に会ったことなどついてはあまり触れずにきましたが、新聞の掲載をきっかけにして私達も堂々とやまゆりの仲間と云う言葉を使える時が来たと感じています。
だから、ここからさらに歩みを進めて、亡くなった人達もまた豊かな言葉の世界をお持ちだったと云う事実を世界に訴えていきたいと思います。
プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ