社会に出るにあたって  曽我晴信さんの言葉

    「社会に出るにあたって」 
                       曽我晴信

 僕はとうとう学校を卒業して社会人になることになりましたが、社会人といっても、経済的には何一つ自立もしていないし、生活のほとんど全てを誰かの介護に頼るというものです。
 でも、僕はこのような生活にとても深い意味を感じていて、僕のような全てを誰かに委ねなければ生きられないような存在をきちんと認められる社会こそが、理想の社会であるということの生きた証しのようなものなので、とても存在することに対して深い意味を感じています。
 僕が社会に出たことのもう一つの意味は、こんな僕が一人の人間として生きる意味を社会に堂々とアピールする役割を持っているということです。 僕が社会の中で生きていく意味を明らかにするためには、こうして僕にも普通の言葉が備わっているということを明らかにしなくてはなりませんが、今はまだそのことを信じてくれる人が少なくて、困っているのですが、だからこそ、その問題に僕は僕なりに一生懸命取り組んでみたいと思っています。
 身体も不自由で歩くことも自分で食事をすることも困難で、その上、目もほとんど見えていないのですから、こんな重度の障害者にも、当たり前に言葉があることが示されれば、ほとんどどんな障害があっても、人は皆、人として豊かな言葉の世界を生きていることを証明できるに違いありません。
 そして社会をいつか変えることができたら、僕はそのとき初めて自分自身に向かって、僕はやっぱり生きることについて本当の使命を神様からもらっていたのだと自覚することになると思います。
 社会に出るなどと言っても、通所先と家庭の往復で終わってしまうかもしれませんが、できるだけ一歩ずつ社会に溶け込めるよう頑張るつもりです。

梅の香りの悲しみ 曽我晴信さんの詩

     「梅の香りの悲しみ」
                          曽我晴信

 春が来たというのに、浮かない顔の人が静かに梅の花を眺めている。
 梅の花びらからほんのりとかおる香りの中に、その人は七年前の早春を思うかのようだった。
 七年前のこの頃にたくさんの人が大きな津波に呑まれてしまったから、それ以来、春が来るのが怖くなってしまったのだろう。
 僕もこの七年の間、毎年春が来る度に、悲しみと共に梅の香りを嗅ぐようになった。ほのかな梅の香りは、何もなければ、待ち焦がれた春を先取りする香りだったに違いないのだけれど、あれ以来、梅の香りには悲しみが籠るようになってしまった。
 僕はきっと人生とはこうした悲しみを静かに静かに耐えることから深い意味が生まれてくるものなのだと思う。
 一昨年の夏以来、あの純粋無垢な山百合の花に悲しみが籠ってしまったように。
 でもそこから人はまた立ち上がらなければならないことを僕は知っている。
 僕が生まれたときに咲いていた花は何だったのだろうか。その花を見て悲しみを覚えた人もいたかもしれない。
 しかし、僕はそこから一人静かに生きる意味を紡いてきたから、悲しみは一つの始まりなのだとも言えるかもしれない。

目に見えるものだけが本当ではないよ  小林浩太朗さんの主張

  小林浩太朗さんが、山梨県の障害者の主張大会で発表した文章です。新聞でも取り上げられました。

「目に見えるものだけが本当ではないよ」

 僕のことを信じてくれますか。
 僕のこの方法で話す言葉を信じてくれますか。
 僕の言葉を母の言葉と思っているかもしれません。ですが僕自身の言葉として伝えたいです。

 僕は小林浩太朗といいます。今回特に主張したいことがあってこの大会にチャレンジすることにしました。
 僕は見た目にはとても障害が重くて、話すこともできないし、一人では気持ちを表現する手段がなかったのですが、手を添えてもらえれば僕にも話をする機会が訪れます。このことを多くの人に伝えたいと思います。
 僕は今あたたかい人との出会いを通して、介助してもらいながら表現する方法にたどり着いたのですが、思いはあってもまだ、息をひそめるようにしてそれを出せないまま暮らしている仲間がたくさんいるので、僕はそのことを大きな声で叫びたいと思いました。
なぜなら、一人では何も出来なくてしゃべれなくても、僕達は心の中に思いや豊かな言葉を持っています。そのことが常識になったら、山ゆり園での事件のようなことが起こらなくなるのではないかと思うからです。
 僕たちは、体が思う通りに動いてくれないので、返事をしたくてもうまく出来ません。そうなるとわかっていないとされがちです。
ですが、返事が正確にできないけれど、僕達にはちゃんと意思があることに気づいてくれる人はちょっとした表情の変化などでわかってくださいます。
 だからそう思いながら接してくれたら嬉しいです。
「わかっていないんじゃないの?」と思いながら接してくれるといい反応が出来なくなってしまいます。
実はしゃべれない僕たちにも、年相応に考えたり感じたりする力があります。ですが僕は、それをうまく表現することができないので、僕自身を抑えて表に出せず苦しい日を過ごしたことも、正直言ってありました。
 そんな僕が自分を表現出来るようになったいきさつをお話しします。
 僕は小さい頃から絵を描(か)くのが好きで、一人では筆を持っていられないので、手を添えてもらって絵を描(か)いていました。ずっと描いているうちに、僕が心で思い描いたものが描(か)けるようになってきました。僕は梅の花というよりも梅の香りを描(か)きたいと思い、実際に描(か)けた時、「目に見えない、香りを絵で表現出来るんだ」と、とてもびっくりしました。
そして去年それをペンや習字の筆に持ち替えたら、字が書けるようになりました。そして指だけでも、手を添えてくれる方の手の平や指にひらがなを書けるようになりました。
 心の中から眠っていたたくさんの言葉たちを次々と飛び出させてもらえたことに、今は感謝の気持ちでいっぱいです。
 だからそんな方法もあるよ、ということを伝えてみたかったのです。
 このように、動きを手伝ってもらいながら家族やヘルパーさんと言葉を交わしている仲間が全国にも多勢います。あちこちで僕のような人が声を上げています。詩集を出版したり、作詞をして音楽祭で賞をいただいた仲間もいます。
 僕も黙っていられなくてこの大会に応募しました。
 なかなか難しいことですが、僕たちもちゃんとした意志も言葉もあることを伝えたくて今日は話をさせてもらいました。
 僕も社会人になり、人生谷もあり山もあることがわかるようになりました。忍耐力や人の立場も理解でき、僕なりの人生を歩むようになり、夢や希望を持つ余裕が出てきました。選挙で投票出来たことも、最近とても嬉しかったことの一つです。
 僕の願いは、同じような環境のもとで生活している仲間が、共に幸せな日々を過ごせることです。これは絶対叶えさせたい強い目標です。そして僕の今描いている絵のテーマは「未来」です。だから未来に向けて僕は今一生懸命生きようとしています。絵や文章で僕の心を精いっぱい表現してゆこうと思います。
 今日僕が話したことで、少しでも僕達の本当の姿を理解していただけたらほんとうに嬉しいです。
 ありがとうございました。

                               小林浩太朗

お問い合わせについて

 1月上旬に、お二人の方から、ブログへ、返信の必要なコメントをいただいたのですが、返信の操作を私自身が熟知しておらず、うまく返信ができておりません。お一人は、講演会のお知らせの件で、お一人はきんこんの会についてです。
 私の連絡先は、 yshibata@kokugakuin.ac.jp です。
 メールアドレスをお教えいただければと存じます。

共育フェスティバル

 10月29日、日曜日、たまプラーザキャンパスで開催される共育フェスティバルで、介助つきコミュニケーションの広場という企画を行います。
 時間は、10時から3時半までです。当事者の方にもお手伝いをお願いしています。
 共育フェスティバルという企画は、地域の小学生や幼児が楽しめる企画をたくさん用意しているイベントですが、障害に関わる企画がなかったので、今年、試みに始めてみることにしました。

kyofes
プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ