FC2ブログ

津久井やまゆり園のこと

明日は、津久井やまゆり園での傾聴ボランティアの日である。様々な思いがこみ上げてならない。
 事件前から、知り合いだった職員さんと数名の利用者さんを通じて私が知っていた津久井やまゆり園はそのほんの一部に過ぎないし、今、私がボランティアを通じて肌で感じる津久井やまゆり園も、点のような経験に過ぎない。しかし、今、神奈川県知事の発言をきっかけに広がり始めているイメージとは、大きく異なっている。
 わざわざ私の大学のきんこんの会にまで、施設の職員さんが、ただ気持ちを聞きたいからと利用者をお連れして訪問された姿、その後、懸命に筆談を習得され、ホームでのささやかな語らいが始まったことを知らせていただいたこと、事件のあと、みんなで懸命に、利用者の方々と困難を乗り越えようと気持ちを寄せ合っているとお知らせいただいたことなど、どれもが、私にとっては、胸を揺さぶるものだった。
 そして、新たに意思決定支援の取り組みの一環として、筆談のことをテーマに取り組んだことがきっかけで、ボランティアに伺うようになり、たくさんの職員さんと利用者の方々が、頑張っている姿にも接している。
 午前中の活動の終わりに、歌とギターの上手な職員さんが園歌を歌うことがある。津久井の風景を織り込んだ歌を聞く利用者さんたちは、きっとこの仮住まいから、早くもとの場所の暮らしに戻りたいという気持ちで聞いているだろうと思う。それは、単なる私の想像ではない。私が利用者さんから聞き取った気持ちから思うことだ。
 職員さんのことを思っても、利用者さんのことを思っても、神奈川県知事の発言によって引き起こされた議論を耳にすると胸が痛くてたまらない。
 客観的な議論は大切だが、私のような見方もあることは、どうにかして伝えたい。

津久井やまゆり園事件の裁判の開始に際して思うこと

 きんこんの会会長の大野剛資さんから、いただいたメッセージを掲載させていただきます。

 いよいよ植松被告の裁判が始まりました。
 あまり難しいことは解りませんが、僕なりに裁判について考えることがあります。
 被害者の家族や有識者と言われる人やマスコミでの扱いや論議などに加えての障害当事者としての僕なりの考え方です。
 2点あります。
 一つは、裁判で亡くなった方や怪我をした方を匿名で呼ぶことに関してです。
 一人だけお母様が、「娘は、甲でも乙でもなく、美帆です」と申し出た方がいました。僕は、美帆さんのお母様は正しいと思うし、「物」ではなく「人間」です。当然人格があります。亡くなってまで人として認められないことは、悲しいし、悔しいです。
 それぞれの犠牲者が一生懸命生きてきた「証」を踏みにじる行為だと僕は思います。遺族の意向がありますが、「障害者を身内に持ったことを隠したい」と言う意識が何処かにあって、氏名を公表しないのかなとも思います。
 2つ目は「どうしたら、障害者差別をなくすことができるのか?
 植松被告のように考える人も世間にはいるかもしれないし、事件をきっかけにそのような考えを持つ人が現れて、同じような事が起きないとも限らない」という事に関しては、もっともなことです「話のできない人は生産性もなく、生きている価値が無い」という植松被告のような考えは、間違っているということに関しての議論はあり、批判は当然です。
 でも、そこでもう一歩前に進めて「話ができない、発語ができない人達は、自分の意思や考えを持っていないかと言うとそうではなく、きちんとした自分なりの歳相応の考えを持ち、生きてきたその人なりの歴史がある」との論調にならないのが、とても残念です。
 「きんこんの会」で長年取り組んできて、多くの言葉を持たない人達が、周りとコミュニケーションを取れるようになったこと、また「きんこんの会」から、全国でこの取り組みが広がっていったことをもっと知ってもらいたいです。裁判が始まったことをきっかけにあらゆる所で、一歩進んだ議論と実践がされることを望みます。
                                       大野 剛資

ニュージーランド首相の演説と津久井やまゆり園事件

 ニュージーランドのアーダーン首相は、あのおぞましいテロ事件について、次のように語った。「私がかれの名前を口にするのを皆さんが聞くことは決してないだろう。かれはテロリストであり、犯罪者であり、過激主義者だが、私が話す時は名前で呼ばない。皆さんも命を奪った者ではなく、奪われた人々の名前を語ってほしい。あの男は悪名をはせようとしたのかもしれないが、我々ニュージーランド人はかれに何ひとつ与えない。名前さえも。」(CNNニュースサイトより)
 この言葉を発する首相のまなざしに一点の曇りもなく、この言葉が、心の底から発せられたものであることが伝わってきた。
 そして、この言葉を聞いた瞬間に、私の頭をよぎったのは、「津久井やまゆり園」の事件のことだった。
 私たちは、亡くなった人の名前を呼ぶこともできないまま、ただ、ひたすら犯人の名前を連呼した。
 そして、犯人の名前の連呼は、名前にとどまることなく、そのおぞましい考えを垂れ流すことにもつながっている。たとえ、引用符のかっこにくくられているとしても。私たちは、犯人の名前を呼ぶべきではなかったし、まして、その考えを伝えることなど、やすやすとすべきではなかったのだ。
 この日本でも、さすがにテロ行為の否定というコンセンサスは存在する。しかし、津久井やまゆり園の事件で亡くなった人たちの生きる意味や存在の価値、そして、本当は深い思索を宿した人たちであるという真実の姿について、いまだ明らかにされることはない。だから、私たちは、その真実を訴え続けることをやめてはいけないと思う。

廣瀬岳さんのメッセージ その1(津久井やまゆり園のこと)

 久しぶりにお会いした廣瀬岳さんからのメッセージです。前半はパソコンで、後半は筆談で聞き取りました。2回に分けて掲載します。

 地域で生きることは正しいけれど僕は疑問なのは津久井やまゆりの人たちにとって地域とはなんなのかということがとても気になっています。長い間に津久井という場所が地域になった人もいるのではないでしょうか。悩みながらもともに暮らした仲間との生活さえとりあげられてしまったら地域の生活がいくら保障されてもほんとうの地域とは言えないと思うのです。だから津久井でのほんとうの地域生活を再建してほしいです。(パソコンによる)

津久井やまゆり園の事件はまだ終わっていない  大野剛資さんの言葉

 年始めの「あの会」で、きんこんの会の会長である大野さんが、以下のような言葉を述べた。
 もう少し取り組みが進展したら、この場でまた報告できると思うが、今、津久井やまゆり園の事件をめぐって、正念場とも言えるような事態に直面している。そのような状況をふまえての発言である。


  津久井やまゆり園の事件はまだ終わっていない
                                 大野剛資

  事件から2年半の月日が流れました。平成最悪の事件と言われましたが、平成の終了とともに過去の事件として忘れ去られることが僕はとても怖いです。事件が終わっていないのは、犯人の動機がまだ明らかにされていないからではなく、亡くなった人たちの本当の姿が明らかにされていないからです。津久井やまゆり園の事件が本当に終わるというのは、被害にあった19人の仲間たちの名誉が回復されて、本当の安らぎが魂にもたらされることです。平成は終わるでしょうが、私たちは次の新しい時代においてもこの事件の真実を問い続けていきたいと思います。
プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ