相模原の事件をめぐって 2017年8月2日 やまゆり園の仲間たちにささげる俳句

 20代の女性が、やまゆり園の事件から1年経って、寄せた俳句です。

やまゆり園の仲間たちにささげる俳句
 
君たちは心の百合と消え行けり
百合なれば気高きものを無残なり
百合揺れる悲しみ数える指のごと
百合なれば気高きものを哀れなり
百合一輪髪にかざしてひとり泣く
涙かれ百合をたむけて合掌す
見守られ天にのぼりし百合の魂
まぶた閉じ短き命見すえたり
咲き乱るる山ゆりの道ひとり行く
山ゆりの咲き乱れたる我が心
山ゆりの魂迷わす世間なり
山ゆりを何故踏みしだく世の迷い
山ゆりをひたむきにただ生き抜きし
山ゆりをたおりたる手汚れたり
私にも山ゆりのごとき心あり
山ゆりをひたむきに思うひとりきり
山ゆりをひたむきにただ涙かな
うるわしき山ゆりをただもう一度
山ゆりは悲しき響きまといたり
ひととせを山ゆりとともに歩みたり
山ゆりが再び清くなる日待ち
空高く山ゆりのぼり魂を
空高く共にのぼりし山ゆりよ
汚れたる手を今一度清くせよ
ずくずくにぬかるみし地よ再生を
我が大地ぬかるみしままひととせを
ぬかるみし大地再び百合咲けと
我が言葉ぬかるむ地面に吸い込まれ
空しきは我らに言葉無きと言う
心には豊かに言葉育める
大地また百合を育てよ我祈り
心には思い秘めたる亡き仲間
亡き仲間秘めたる言葉知られずに
紫陽花も山ゆりの花悲しむか

相模原の事件をめぐって 2017年8月2日 

 やまゆり園の事件から1年が経った2017年8月2日、20代の女性が次の言葉を綴りました。
 
    《やまゆり園の事件から1年を経過して》

 私たちは言葉があるにもかかわらず、ずっと言葉もなければ何もわかっていない人間としてずっと蔑まれてきました。
やまゆり園の事件ではあからさまにその事が世間にオープンにされたような気がしています。
 1年という長い時間をかけて、世の中がいったい何をこの事件から学び取ったかということについて、私たちはほとんど絶望に近い悶々とした思いを抱いています。
 世の中の良識はどんな命も平等だと言ってくれましたが、私たちの本当の姿は、事件の前と何一つ変わっておらず、亡くなった人達も何も分からない人間として報道され続けています。
私たちは長い時間をかけてこのことを訴えればいいのかもしれませんが、亡くなった人達がそのような誤った認識のまま歴史の闇の中に消え去ってしまうことは、耐えられないものがあります。
 だから、私たちは大きな声でこの一年間「私たちには言葉がある」と叫び続けてきました。
 しかしその声は空しくかき消されるばかりです。
 だから改めて一年が経過したこの時点で、もう一度大きな叫び声を上げたいと思います。
亡くなった顔も知らない仲間たちも、私と同じような障害を持っていたのは間違いないことで、私にはまるで昨日まで一緒に時間を共にしてきた仲間のように感じられるのです。
 この私の叫び声は、親しい仲間を失った叫び声として聞いてほしいと思います。
 私が一年を経過して強く思うことは、残されたやまゆり園の仲間たちの意見も、きちんと取り上げられていないということです。どうしても地域でという意見が正論として出てくることは私も正しいことと思います。
 でも、今回の事件に関する限り仲間たちと共に暮らした時間を犯人によって切り裂かれたわけですから、もう一度事件の前の時間に戻って、そこで仲間たちを追悼したいと思うのはむしろ自然なことではないでしょうか?少なくても私ならそうしたいと思います。
 何も事件がなかったなら、徐々に幸せな形で地域へと移行していくことはとても良いことだったと思いますが、結局事件があったからこんな議論が起こってきているわけですから、反省するべきは事件の前にそのことを問題にできなかったことではないでしょうか?
 だからこの件に関する限り、正論とは別に施設の仲間の意見を最優先にして欲しいです。

津久井やまゆり園事件についてのシンポジウム記録

 昨年11月に開催した第2回介助つきコミュニケーション研究会で行われた津久井やまゆり園の事件についてのシンポジウムの記録を下記URLに掲載しました。ぜひ、ご一読ください。

 http://yshibata.info/yamayurisympo.pdf

相模原の事件をめぐって 7月

 僕が一生懸命考えたことというのは、僕たちはどうやったら、やまゆり園の人と連帯できるかということです。
 僕は、やまゆり園の事件のことを一年間ずっと考えてきたけれど、やまゆり園の事件は、一年後に風化するだろうということをみんな言っていたけど、風化させないためにやるべきことは何かと言うと、ただひたすら一年前に起こったことを語り続けることではなくて、ここから新しい時間をどうやって作っていくかということになるので、やまゆり園の事件を通して、被害者になったやまゆり園の残った人たちと外の仲間たちがどうやったら連帯できるかということだと思っています。
 だから新しい連帯を作ると言うことが次の課題ではないかと思うのですが、新しい連帯については、雲をつかむような話だけれど、僕は現実にきんこんの会にやまゆり園の人は来たわけだから、そんなに雲をつかむような話でもないと思っているので、どうやったらやまゆり園の人たちと連帯できるかということをこれからきんこんの会の仲間たちと考えたいと思っています。

相模原の事件をめぐって 6月10日

 昨年の秋(10月28日のブログ) 、「電信柱のうた」という詩を作ったHさんが、その続編を作った。
 
 電信柱のうた その2

電信柱は悲しみがずっと癒えずに冬を越した
悲しい事件の傷あとは
癒えるどころかうずきを増して
心に深く突き刺さる
電信柱の鳴き声を
今年は北風もがんばって
力強く鳴らしてくれた
電信柱が泣いていることを気づいた人は少ないが
電信柱の鳴き声に多くの人は悲しい気持ちを高まらせ
今年の桜に届いたから
今年の桜は悲しみを静かにためて
静かに咲いて静かに散った
電信柱の悲しみを
今年の夏にはきっとひまわりが受け止めて
黄色い笑顔を悲しい泣き顔にすることだろう
ひまわりの悲しい顔に気づく人はいないだろうが
僕にはひまわりの悲しみが葉っぱの中から聞こえてきたので
今年の花は笑顔をなくしてひっそりと咲くだろう
夏が来たらやまゆりは
今年はしおれたままで誇らしさもなくして咲くことだろう
電信柱の悲しみは
ひっそりと花々に届いているから
今年の花はどの花も
静かな悲しみをたたえている


  電信柱のうた その3

電信柱が伝えるものは
悲しい風と悲しい知らせ
電信柱の運ぶものは
電気という名の悲しみで
電気のように悲しみは電線を通って伝わるけれど
電信柱の悲しみは直接人に届くもの
電信柱の悲しみを感じた人はいないけれど
電信柱の悲しみを僕は今日も感じている
電信柱を数えるたびに悲しみはいっそう深くなる
電信柱の悲しみを一つ一つの電信柱は伝え合いながら
悲しみはいっそう深くなる
19本を数えたところで僕の涙は枯れ果てて
そのあと再び1から数え繰り返し
19本で指を止める
19という数字が持つ意味が今年はとてもつらかった