FC2ブログ

毎日新聞の記事

yamayuri20180728
 7月28日の毎日新聞神奈川版に、やまゆり園における指筆談の実践のことが紹介されました。
 事件前より、やまゆり園の利用者さんがきんこんの会に参加されていたこと、やまゆり園でも指筆談が行われていたこと、そして、現在も取り組まれていることなどが、紹介されました。記者の堀さんは、やまゆり園の記事を何度も書いておられる方です。
 今、「意思決定支援」のことが大きな課題として語られています。そのことを考える時、指筆談は、大きな意味を持ちます。
 それは、意思を表現する手段としての意味を持つとともに、実は、亡くなられた方も含めて、植松被告の「意思疎通のできない」人という認識自体があやまったものであり、意思を持ち、豊かな言葉の世界を持つ方々であるという認識へとつらなるという意味で、大きな意味を持つものであると考えます。
 これまで、たくさんの当事者の言葉を紹介してまいりましたが、なかなか社会には届かないもどかしさを感じてまいりましたが、ようやく、その一歩が踏み出されたという思いです。
 まだまだ、先は長いと思いますが、できれば、やまゆり園の利用者の方々や職員さんとの連帯の道を探っていければと考えています。

 なお、これまで、私たちが事件以前からやまゆり園の利用者と出会っていたことや、事件後もやまゆり園にうかがって当事者の方と指筆談で話したことがあるというようなことは、園にご迷惑がかかってはいけないと思い、ふれずにまいりました。
 
プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ