FC2ブログ

津久井やまゆり園の事件をめぐって

 2月上旬、特別支援学校の高校生が、津久井やまゆり園の事件の裁判をめぐって、次のように述べました。年明けから始まった裁判をめぐる一連の報道を受けて感じたことです。

 私は年が明けてから津久井やまゆり園の事件の裁判が始まった時から、とても心に引っかかっていることがあります。それは犯人の生産性という言葉でした。私たちは生産性はあまりないけれど、それが人間の価値とどうつながるのだろうと言われているような気がしたので、改めて人間の価値と生産性について考えてみたのですが、私は生産性は、人間の中で確かに大切なことかもしれないけれど、人の本当の価値とはあまり関係がないのではないかと思うようになりました。私も作業はいくらかできますが、私よりももっと上手な人もいれば、私よりももう少し上手に作業のできない人もいるけれど、上手にできる人もあまり上手にできない人も、みんな大切な仲間だということに気がついて、やっぱり生産性は私たちにとって、人の価値を決めることとは関係がないということに気がつきました。
 でもじゃあ私たちの価値って何なのかと思ったときに、それは人と人とがともに支え合うところにあるのではないかと思いました。私たちは、作業ができる人もできない人も大切な仲間としていつも支え合って生きています。だから私たちの価値を決めるものはやはり、人と人とが支え合うということではないかと思います。
 今回のニュースでとっても気になるのは、そのことを紹介しているアナウンサーも生産性がないこと自体にとてもとまどっているように見えることです。生産性がなくたって大丈夫、人は人と支え合うことにこそ価値があるのだから、犯人は何ということを言っているのでしょうねえと、ばっさり言ってくれればすむことなのに、誰もそのことは言わないから、やっぱり生産性のない人は、人間としては劣っているけれど、人間は劣っている人も大事にするぐらい偉大な存在だから、私たちのような荷物の存在も、ちゃんと生かしてあげているのよというふうな、私たちからするととても上からのものの言い方に聞こえてくるので、それはちがうのではないかというふうに思うようになりました。だから、私は、自分の人生を、仲間とともに支え合うことで大切な価値を実際に行動として生きていく人生を生きていきたいなあと思うようになりました。そうやって私たちがともに支え合うことことそ、人間の生きる価値なんだということを実際に行動で示せば、世の中の人にもそのことが伝わって、社会はもっとよくなっていくのではないかと、そんなふうに思うようになりました。

津久井やまゆり園事件の判決を受けて

 3月下旬に、やまゆり園の判決を受けて、20代の情勢がこのような意見が述べました。
 大切なことがもっと明らかにされるべきであったのに、残念ながら、裁判も終了し、刑も確定し私も、空虚さを強く感じます。


        津久井やまゆり園事件の判決を受けて

 私はコロナウィルスのことも大変気がかりですが、今一番心を占めているのはやはり、「津久井やまゆり園事件」判決のことです。
 私がとても残念に思うのは、そもそも死刑制度には反対なので、更生の道があり、かつ更生しなければならない立場である犯人の命が、ただ復讐のようにして奪われるということです。
 復讐というとご家族には大変申し訳ないのですが、ご家族が犯人を恨む気持ちはあまりにも当然のことなのですが、本当は恨む気持ちを存分に犯人に投げつける時間がとられさえすれば、気持ちのいくらかは晴れるのではないかと私は思っているので、犯人とご家族があたり前に話せる場所と時間をたっぷりと設定することこそ必要なのではないかと思っています。死刑は「あなたは生きる価値がない」という意味が入ってしまうのでどうしても私は受け入れることができません。
 この事件の報道で最初から問題だったのは、犯人の未熟な考えを繰り返し伝えながら、もっともらしい解釈をしようと試みたところにあると思っているのですが、今回裁判で初めてご家族の深い思いがたくさん語られたにも関わらず、その言葉をていねいに読み解こうとする人はほとんどいませんでした。私たちからすると犯人の未熟な言葉よりも、ご家族の深い言葉の方に真実が宿っているように思えるのですが、どうやら社会はご家族の言葉をかわいそうな人たちの言葉だとあっさりと片づけてしまったように思えてなりません。私たちがじかに話せれば良かったのかもしれませんが、まだそのような時代は来ていない代わりに、私たちの言いたいことはほとんどすべてご家族によってきちんと語られていたと思います。唯一付け加えられるべきことがあるとするなら、それは、亡くなった人たちにもあたり前に言葉があったのだということのみです。
 犯人に対する最大の疑問は、あなたの考えが社会に対して中途半端な考えを植えつけるきっかけになったことを本当に理解しているのか? ということです。社会は犯人の言葉を聞いて、言葉のないとされる障害者の生きる意味や価値に対して、自信をもって「ある」と言えなくなったのですが、社会はそんな存在でもやっぱり動物ではなく人間なのだと考えるから、殺すことは許されないという結論に、暗黙の裡になってしまったと思うのですが、それは全くの誤りで、本当はご家族の言葉の中にあるように、共に生きることを通して、人はその存在の意味や価値を心の底から感じることのできる存在だということが示されているのを、犯人も含めて社会も気がつけなかったことになるでしょう。
プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ