FC2ブログ

津久井やまゆり園の事件について 2018年8月7日

 毎日新聞の神奈川版で取り上げられらた津久井やまゆり園での指筆談のことをめぐって、大学によくおいでになる小古間さんの意見を聞いた。

 〖やまゆり園のこと、これから〗________
 私達の言葉の取り組みの成果とも云える出来事がありました。
それは、津久井やまゆり園でも筆談という方法について検討が始まったということです。
2年の間、私達はやまゆり園の事件について考え続けてきました。きんこんの会では、やまゆり園の当事者に会ったことなどついてはあまり触れずにきましたが、新聞の掲載をきっかけにして私達も堂々とやまゆりの仲間と云う言葉を使える時が来たと感じています。
だから、ここからさらに歩みを進めて、亡くなった人達もまた豊かな言葉の世界をお持ちだったと云う事実を世界に訴えていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ