FC2ブログ

ニュージーランド首相の演説と津久井やまゆり園事件

 ニュージーランドのアーダーン首相は、あのおぞましいテロ事件について、次のように語った。「私がかれの名前を口にするのを皆さんが聞くことは決してないだろう。かれはテロリストであり、犯罪者であり、過激主義者だが、私が話す時は名前で呼ばない。皆さんも命を奪った者ではなく、奪われた人々の名前を語ってほしい。あの男は悪名をはせようとしたのかもしれないが、我々ニュージーランド人はかれに何ひとつ与えない。名前さえも。」(CNNニュースサイトより)
 この言葉を発する首相のまなざしに一点の曇りもなく、この言葉が、心の底から発せられたものであることが伝わってきた。
 そして、この言葉を聞いた瞬間に、私の頭をよぎったのは、「津久井やまゆり園」の事件のことだった。
 私たちは、亡くなった人の名前を呼ぶこともできないまま、ただ、ひたすら犯人の名前を連呼した。
 そして、犯人の名前の連呼は、名前にとどまることなく、そのおぞましい考えを垂れ流すことにもつながっている。たとえ、引用符のかっこにくくられているとしても。私たちは、犯人の名前を呼ぶべきではなかったし、まして、その考えを伝えることなど、やすやすとすべきではなかったのだ。
 この日本でも、さすがにテロ行為の否定というコンセンサスは存在する。しかし、津久井やまゆり園の事件で亡くなった人たちの生きる意味や存在の価値、そして、本当は深い思索を宿した人たちであるという真実の姿について、いまだ明らかにされることはない。だから、私たちは、その真実を訴え続けることをやめてはいけないと思う。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

柴田保之

Author:柴田保之
所属:國學院大學人間開発学部初等教育学科
重度重複障害児の教育、知的障害者の社会教育、介助つきコミュニケーションについて実践的に研究を進めています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ