相模原の事件をめぐって 2017年8月2日 やまゆり園の仲間たちにささげる俳句

 20代の女性が、やまゆり園の事件から1年経って、寄せた俳句です。

やまゆり園の仲間たちにささげる俳句
 
君たちは心の百合と消え行けり
百合なれば気高きものを無残なり
百合揺れる悲しみ数える指のごと
百合なれば気高きものを哀れなり
百合一輪髪にかざしてひとり泣く
涙かれ百合をたむけて合掌す
見守られ天にのぼりし百合の魂
まぶた閉じ短き命見すえたり
咲き乱るる山ゆりの道ひとり行く
山ゆりの咲き乱れたる我が心
山ゆりの魂迷わす世間なり
山ゆりを何故踏みしだく世の迷い
山ゆりをひたむきにただ生き抜きし
山ゆりをたおりたる手汚れたり
私にも山ゆりのごとき心あり
山ゆりをひたむきに思うひとりきり
山ゆりをひたむきにただ涙かな
うるわしき山ゆりをただもう一度
山ゆりは悲しき響きまといたり
ひととせを山ゆりとともに歩みたり
山ゆりが再び清くなる日待ち
空高く山ゆりのぼり魂を
空高く共にのぼりし山ゆりよ
汚れたる手を今一度清くせよ
ずくずくにぬかるみし地よ再生を
我が大地ぬかるみしままひととせを
ぬかるみし大地再び百合咲けと
我が言葉ぬかるむ地面に吸い込まれ
空しきは我らに言葉無きと言う
心には豊かに言葉育める
大地また百合を育てよ我祈り
心には思い秘めたる亡き仲間
亡き仲間秘めたる言葉知られずに
紫陽花も山ゆりの花悲しむか

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する